『火垂るの墓』を見たアメリカ人の友人がアニメ恐怖症になりかけた件

自分は外大に通ってて、海外からの留学生の友達も多い
その内のひとりのアメリカ人(仮にジョンとしておく)は、日本びいきではあるんだけど日本の映画はお気に召さないらしい
いわく「日本の映画は物語の起伏が乏しいし、派手なアクションもないからつまらないよ」
確かにハリウッドのあのド派手爆発アクションに比べたら味気ないかもなぁ、と特に何も思わず納得してた

でも、そんなジョンの言い分を横で聞いてたドイツ人(仮にヨハンとしておく)が何故かキレ気味に噛みついてきた…

田舎のウチに外人の兄ちゃんが泊まってった話

まず運転してるのがここらじゃ珍しい外人の兄ちゃん。
ん?と思ったら荷台にも人が乗ってる

(´∀`*)←こんな顔してすげえ楽しそうな外人の兄ちゃんが二人。

母親と二人で走る軽トラを見送る

母「……なんだろあれ」
俺「なんだろう……」

軽トラの荷台を楽しむとは通な外人だなーとちょっと愉快な気持ちになったところで、軽トラが止まった。