童貞の俺にセフレが出来るまでの話をする。

某男子高校に通っていた俺は素敵な出会いがあるはずもなく、ふつーに高校生活を送っていた。
地元から都会の高校に出たため、中学の同級生は誰もおらず、友達も少なかった。

スペック

身長:180cm 体重:60kg
ややイケメン童貞

高2になった時、クラス替えで同じ路線で帰る友達がクラスにできたぐらいで、
女の子とはまるで縁のない高校生活だった。

郵便物の誤配を放置したら逮捕された\(^o^)/

3年ほど前、ある会社とよく似た名前のマンション(号室も同じ)に住んでいて
その会社宛の郵便が頻繁に私のポストに誤配されていた。
あまりにも多いんで、何度も確認してください!ってクレーム入れたけど直らずに
その都度郵便局にわざわざ持っていってた。

とある日、ペラペラの封筒がまた誤配されていたんで
いい加減にしろ!って思って家に持ってあがって放置したことがあった。

一家全滅した話

俺が小学生の頃、自宅に新興宗教の勧誘が来た。
最初母がやんわり追い返していたんだけど、三日に一度はうちに来て、母にしつこく入信を勧めてたんだ。
母はあまり気が強いタイプじゃなかったから、なんとなく話を聞いて、ごめんなさいまた今度…という感じで帰ってもらってた。

勧誘があんまりにも頻繁になってきたので、ある日父がちょっと強めに追い返した。
すると勧誘のおばさんは「そんな強く言ってもだめ、あなたたちがこちらにくるのは運命なんだから」と言って帰っていった。
父は念の為、と警察に相談し、その日から近所の駐在のおまわりさんが巡回してくれることになった。
そして一週間後に母は失踪。