入学早々先輩に目を付けられてしまった・・・

俺がトイレを終えて、手を洗ってると見えたんだよね。
キラキラ光るピアス、チャラチャラ指輪ネックレス、どうみても龍が如くな面。
一瞬でわかったね。こいつ、あの不良だ。

この不良の名前はどうしようか。一応チャラ男としておくか。
そしたらチャラ男が話しかけてきた。

「お前一年生?」
「は、はいそうですけど。」
「ふーん・・・。」
ここでチャラ男がニヤニヤしてるのを俺は見逃さなかった。

「お前、俺らのたまり場来てみる?」

(´・ω・`)ショボーン

酔っ払いゲロ女に告白する

すいません。
今予備校終わって、後は帰るだけです。

りささんとは明日か明後日のどちらか、向こうが暇な日に会うことにしました。

そうえばりささんが、
「最近私達会いすぎじゃね(笑)」

って言ってたんですけど、これって平気なんですかね?

笑って流しちゃったんですが

酔っ払い女に絡まれた話をする

ちょうどバスが出たとこだった。
もうバスないかなって思ったけど、まだ3本ほどあった。

結果バス停に俺が一番前に並ぶ形になった。

バスが来て俺は、一番後ろの端っこの椅子に座った。

なぜか毎回、電車でもバスでも、
俺が座ると誰もとなりに座って来ないから、
別に誰も座ってこないだろうと思って、外を眺めてた。